‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

女として見てくれない夫とのセックスレス

2014/09/02

男は浮気をするものだ、浮気をするのは大体男だという考えが世間一般では多いですが、女である妻が浮気をするというパターンも実は多く存在します。

妻の浮気の原因のひとつが、夫婦生活の不満によるものです。

中でも深刻なのが、夫が妻を女として見なくなったことによるセックスレスです。

人間、生きている限り歳は必ずとっていくもの。

しかし悲しいことに、結婚する前はあんなに永遠の愛を誓った仲なのに、だんだんと歳をとっていく妻を次第に女として見ることがなくなるというのです。

男性が若い女性を好むというのは世間でもよく知られた話です。

そして夫はボディラインが崩れて、顔にしわができた妻を女として見なくなる。

いくら男といえど、女として見ることができない妻を目の前にしていざベッドインしたとしても、行為によぶ気にさえならない・・・。

こうして、だんだんと夫婦の営みが無くなっていってしまうのです。

とうぜん、妻も人間ですから性欲はあります。

しかし、本来この性欲を満たしてくれるはずの夫に満たしてもらえない。

そんなときに、自分を女として見てくれる、女としてエスコートしてくれる男性に誘われてしまったら・・・?心も体も虜になってしまうかもしれません。

夫の浮気を許すために自分も浮気をする妻

2014/09/02

“日本の社会では真に男女の平等が確立していませんので、状況次第では同じ問題を起こしても男性には甘く、女性には厳しいという世間の目があります。本稿のタイトルでもある、夫の浮気と妻のそれとの議論です。男女が完全に平等な社会が実現した場合は、例えば女性が家庭に入って家を守るという考え方自体が、女性の性を座敷に閉じ込める野蛮な考え方だと言われる日が来るかもしれません。

夫が不貞行為を働いた場合、それが許されるのは本来は問題の源流にさかのぼり、原因分析をし、なぜそうなったのかを調べた上で、今後そのような不貞行為は行わない、と確実性の高い約束がなされたら問題は解決したと言えるでしょう。

しかし人は感情の生き物でもあるので、夫が不貞行為を働いたのなら、妻も同様の行為を行うことによってバランスをとる、という考え方も決してアンフェアではありません。

妻は夫に報復することで初めて同等であるという認識をした場合です。

しかし一般的にはこの報復は避ける方が無難です。前述の通り現在の日本社会は真に男女平等が実現していませんから、夫の不貞行為はまああり得ることとされ、妻の不貞行為はとんでもないことだ、という見方がされかねません。

こんなことをしたら妻は圧倒的に不利な状態に立たされることになるでしょう。

ただし先に述べた原因分析から再発防止型の問題解決を図ろうとするのが法律運用的な考え方だとしたら、夫婦間のみで取り決めをかわし、今後お互いの不貞行為は自由である、とルールを決めるのならば外から口を挟む問題ではないのかも知れません。

妻の浮気の原因は夫にある?

2014/09/02

誰もがパートナーとの永遠の愛を誓って結婚をします。

ですが長年結婚生活を続けていると夫に浮気をされたという女性も少なくありません。

一歩的に夫が悪いとされますが、実はその原因は妻が作っている場合があります。

妻が夫にとってずっと魅力的な存在である限り他の人に目移りすることはないのです。

疲れて仕事から帰ってきたら美味しいご飯が待っていれば大抵の男性はまっすぐに帰ってきます。

海01

ですが帰っても部屋が暗くご飯もなにもない状態だと気持ちが暗くなってしまいます。

また結婚する前とは全く体型が異なってしまい、自分が好きでいた女性ではなくなってしまった場合も気持ちが離れしまう原因となります。

また一番大切なのはいつでも笑顔で優しく接してくれる性格です。

結婚前と結婚した後に性格が変わってしまうのが一番魅力を失ってしまう原因となります。

自分が永遠を誓う相手ではなくなってしまった場合、他の女性に心がうつってしまう男性も多いようです。

美味しいご飯に仕事の疲れを癒してくれる優しい女性でいれば他の女性に心が移ることはないのです。

結婚をしたときはその気持ちを忘れずに結婚生活を続ける必要があります。

二人の幸せは女性にあるといっても過言ではありません。

男性側に原因がある場合も…

2014/09/02

妻が浮気をすると、妻だけが攻められてしまいがちです。

もちろん、浮気をする妻も悪いのですが、その原因が男性側にある場合もあるのです。

では、どのような場合に、妻は浮気をしてしまうのでしょうか。

まず、夫が自分の実家ばかりを大切にしたり、舅や姑が妻をいじめたりしていても知らん顔でいた場合です。

まったく守ってくれず、舅や姑の味方ばかりして、妻が傷ついていく姿を他人のように眺めている場合、妻はそんな夫に嫌気がさしてしまいます。

いじめてくる舅や姑よりも、夫の方を恨み、愛情もなくなってしまうのです。

そのような場合、浮気をする可能性は高くなります。

優しく相談事を聞いてくれたり、自分を守ってくれる人が現れれば、そちらへ気持ちがいってしまっても当然のことです。

また、夫が自分の家族をないがしろにしている場合です。

休日も自分の趣味ばかりをして、家族でどこかへ一緒に行くこともなく、子供の行事にも参加せず、家事も育児もすべて妻任せにしている場合、妻は浮気をしてしまう可能性が高くなります。

夫の存在意義が給料を持ち帰ることだけになってしまうためです。

その他、働かない、ギャンブルにおぼれている、浮気をしているなども、あげられます。

パートナーに「刺激」を求めなくなってしまう

2014/09/02

どんなカップルでも、時間が経つと、新鮮味がなくなっていくのが自然の流れです。

それも当然のことで、恋愛関係の時は、寝ても覚めても相手の事を考えたり、彼、彼女の一挙手一投足にも心をときめかしたりするし、ちょっとでも別の相手と親しい仕草をしただけで心配になるものです。

こうしたアツアツの恋愛関係を長く保つカップルもいますが、大部分の人は、家庭を持って日常生活をするようになると、恋人同士というよりは家族であるという感覚が強くなってきます。

この事は子供が出来ると、さらに顕著になり、互いのことをお父さん、お母さんと呼ぶようになることにも表れます。

このように、毎日の生活にかまけて、相手に特別の刺激を求めなくなると、夫も妻も恋愛関係にあった時とは、違った意識になるのが一般的です。

長い間一緒に生活していると、互いの行動パターンが分かっているので、すべてが習慣によって流れてゆくことになりがちです。

相手の誕生日や、結婚記念日などに、サプライズで何らかプレゼントをするなどを除いて、日常生活では特別な変化がないのが、結婚生活というものなのです。

若い頃は、すべてが初めての経験ですが、歳を重ねるにつれ、大部分が繰り返しの体験でしかないことも少なくなく、夫婦であっても、相手に期待することも決まりきったことになりがちなのです。

身近な人付き合いで「きっかけ」があった

2014/09/02

a0001_000062
妻が浮気をする場合、様々なきっかけがありますが、身近な人付き合いもそのひとつです。

共働きで妻も働いている場合は、同じ職場の同僚がもっとも多いです。

また、取引先の営業マンであったり、顧客でもあったりします。

とくに、同僚の場合は、毎日、夫よりも長い時間を共に過ごしているのです。

親しくしていれば、浮気に発展してしまう可能性もあるでしょう。

また、同僚なので一緒に飲みにいくことも多いですし、様々なつきあいもあり、なかなか発覚しにくいものです。

浮気がしやすいということも理由のひとつにあげられます。

では、専業主婦なら安心かと言えば、そうではありません。

例えば、子供を幼稚園などに通わせている場合、同じように送り迎えをしている園児の父親と親しくなることは多々あります。

PTAなどで一緒に作業などをすれば、より親しくなるでしょう。

その場合、浮気に発展する可能性もあるのです。また、自治会などに加入してそこで催しに参加したことで、意気投合するというケースもあります。

その他、教室やスポーツジムなどに通っているときに、知り合うということもあるのです。

美容院などでいつも担当してくれるスタッフと仲良くなることもあるでしょう。

このように、妻の浮気の切っ掛けは、とても身近な人付き合いの中にあるのです。

潜在的な「自分の欲求」に気づいてしまう

2014/09/02

よき妻よき夫だった人が、突然よろめいてしまう、テレビのドラマでなくても、世間ではあり得ることです。  

そうでなくても、「あの人が」と思われる人が、考えられないような大胆な行動を取ることは、決して珍しいことではありません。

というのも、人間は普段は日常的な目先の仕事や雑用で頭が一杯で、ほとんどは習慣的な行動に規定されていますが、なんらかのきっかけによって、その人が自分でも気付かなかった潜在的な欲望や可能性に気付いてしまうことがあるからです。

それは他人に言われたちょっとした一言であったり、偶然見た映画やテレビかもしれないし、たまたま読んだ本かもしれません。

例えば、何年ぶりかで集まった同窓会で再会した同級生のあり方を見て、刺激を受けることもあるでしょう。

主婦業や子育てに夢中になっていた自分に比べ、独身でバリバリ働いている同級生を見て、学生時代の気持ちを思い出し、再びいろんなことにチャレンジしたくなる人もなるのです。

それでなくても、最近は女性の自己実現を主張する風潮が強く、女性が本来持っている欲求を解き放つことが良いことだと言われています。

世の中には、購買意欲を刺激する宣伝があふれているように、潜在的な様々な願望を呼び起こすものに囲まれていると言っても、過言ではないのです。

「危険な恋」に運命を感じてしまう

2014/09/02

「危険な恋」は、やめましょう。

といっても、例えば、「不倫は、悪いことだ、やめなければ」と、理屈では分かるものです。

それなのに、やめることができない理由ですが、その「危険な恋」に「運命を感じてしまっている」という場合があります。

なるほど、「運命」と思いこんでしまうと、それに抗うのは難しいものですが、思い込みやすい人には、あるタイプがあります。

「運命」を感じて浮気をする主婦は、夫との間に何か問題があるというわけではなく、周囲からは幸せな家庭に見えているのに、その幸せに気がついていない場合があります。

結婚前には、自分がモテることや、人から羨まれることが日常になっていたり、ドラマチックな恋愛を重ねてきた女性の場合、結婚して「幸せな暮らし」を手に入れるということは、それまでのドラマチックな生活が消えてしまうことを意味しています。

結婚というイベントはドラマチックなことなのですが、そのドラマが終わって安定した生活が始まると物足りなくなってしまうのです。

本来は結婚したことが「運命」で、そう思ったからこそ結婚したはずなのに、そのことを忘れてしまいます。

何かのトラブルがあって、出会うはずのない人と偶然出会ったり、自分と全く違うタイプの人に会ったりすると、そのことをドラマチックに考えてしまい、「これが運命なのね」と、のめりこんでしまいます。

そういう人は、恋愛経験が豊富なので、夫に隠れて会うデートを、うまく演出したりします。

すると、ますます「運命の人とのドラマチックな恋」になって、逃れられなくなってしまうのです。

そのあと、泥沼や修羅場がやってくることも「運命なのね」と思い込み続けることでしょう。

妻が浮気をする意外な理由

2014/09/01

af0060019972l

結婚生活も、順風満帆とはいきません。

毎日々、楽しく過ごせるに越したことはありません。

ですが、世の中は楽しいことばかりではありませんので壁にぶつかることも多々とあるのです。

そんな時どう乗り越えていくかが、人生の課題なのであります。

結婚生活を過ごしていくなかで、そのようなことは何度となく身の上に降りかかってくるのです。

そうなった時に、夫婦である二人が力を合わせて乗り越えていくことが理想の夫婦像というものです。

夫婦の間がぎくしゃくしだしたりすると、そんなことも忘れてしまい自己本位になりがちです。

人間自体が、自己中心的な考えになりがちなので愛情をなくした夫婦には、自分本位的な考えしかできないような状態になっているのです。

お互いがそんな気持ちのままで、結婚生活を過ごしていてもむなしいだけでしょう。

そんな心の隙間に忍び寄ってくる、誘惑に勝てることができるか問題です。

男性も、女性も一歩外へ出れば他の人に目が行きます。

何かの交流があれば、仲良くなるかもしれません。

女性はいつまでも、女として扱ってもらいたい生き物です。

そんな時、優しくされたらどれだけの人が断れるでしょうか。

浮気の理由は案外、簡単で単純なものなのです。